2015年08月14日

2015年8月6のエロヒムからのメッセージ〜弥勒菩薩ラエルの言葉より




エロヒムからのメッセージ
真のユダヤ人よ、できるだけ早くイスラエルを去ってください----ヤーウエ
http://raelianews.org/news.php?item.548.1

AH70年8月6日、ユダヤ人へのエロヒムからのメッセージ
(AH=After Hiroshima)

私、ヤーウェは、私の息子である預言者ラエルの口を通して、このメッセージをユダヤ人に告げます。

あなたがたは、あなたがたのものではない土地や家屋を盗み、特に、私の最も重要な命令である、「汝、殺すなかれ」を順守せず、一度に何百万人もの人を殺すことができ、私たちの創造物をすべて破壊できる世界戦争を引き起こす核兵器を蓄積することによって、ユダヤ教の模範的な価値観をすべて裏切ってきました。

その結果として、イスラエルに与えられてきた保護は、今日を限りに完全に取りやめになりますので、真のユダヤ人は全員、できるだけ早くパレスチナの土地を去ることを私は求めます。

私たちがこの保護を与えたのは、古代の書物にある第三の神殿、つまり、私たちが帰還することになったであろう大使館の建設とあわせて、ユダヤ教固有の良識と敬意によって、前途有望であるこの国が、パレスチナの人々に彼らの家や土地に帰るのを許し、全人類のお手本として、多民族かつ多文化の国となり、3つの偉大な一神教宗教の、精神的案内役となることを期待してのことでした。

ところが、ナチスの虐殺と強制収容所から逃れてきたばかりの頑固で高慢な人々は、さらに頑固になり、私たちの最後の預言者と、大使館建設の要求を軽蔑的な態度で扱い、パレスチナの人々の土地や家屋を盗み、強制収容所を作り、ガザという強制収容所に爆弾を落とし、さらには、パレスチナの人々を虐殺することを目標に、最終的解決を計画しています。

したがって、私たちの保護は今無くなり、真のユダヤ人は再び、新たな離散を余儀なくされ、地球上の他の国に住み、どの国のためにも武器は持たず、その天才と創造性をすべての国のために役立たせることになるのです。

唯一の真のユダヤ人は、もちろん反シオン主義者です。シオニズムを拒否し、既にイスラエルを去った宗教的ユダヤ人に、私たちはお祝いを言います。

ラエリアンは今や、真のユダヤ人であり、盗んだ土地ではない場所に、私たちの帰還を歓迎する大使館を実際に建設することを望んでいる唯一のユダヤ人です。

私たちは、すべてのユダヤ人ができるだけ早くイスラエルを離れ、ラエリアン主義に改宗し、パレスチナ人を支持するように求めます。

パレスチナ人は、実際はほとんどが真のユダヤ人の子孫であり、遠い昔にイスラム教に改宗した人たちです。偽のユダヤ人がヨーロッパらからやって来て、聖書の時代からイスラエルに住んでいたユダヤ人の子孫たちを虐殺するのを見るのは、気分が悪くなる犯罪です。

ラエリアン・ユダヤ教の素晴らしい価値観をもたらすために、世界中に散らばってください。

平和と寛容のユダヤ教、反人種差別主義のユダヤ教、すべての国を一つの世界政府にまとめることを目指した、世界主義のユダヤ教、即刻かつ一方的に大量破壊兵器の排除を推し進める、反軍事的ユダヤ教、遺伝学と宇宙探索を促進する、科学を支持するユダヤ教、そして最後に、第三の神殿である私たちの大使館のために働くユダヤ教。

その大使館に、私たちは正式に帰還し、すべての人々の間に永続的な平和を促進します。

大使館には、偉大な預言者たちも全員一緒に帰還し、対立する数々の宗教が作り出した神話を破壊するために証言してくれます。

ユダヤ人よ、できるだけ早く、「振り返ることなく」、イスラエルを去ってください。ソドムとゴモラで起こったように、「塩の柱に変えられ」たくなければ。そして、予言された救世主であるラエルを支えてください。


地球と、善良な人すべてに平和がありますように!



Message of the Elohim on the 6th august 70AH to the Jewish people

I Yahweh, through the mouth of my son and Prophet Rael, am addressing this message to the Jewish People.

You have betrayed all the exemplary values of Judaism by stealing the land and houses which don’t belong to you, and especially by not respecting my most important commandment: “Thou shall not kill” and accumulating nuclear weapons capable of killing millions of people in one go and sparking off a world war capable of destroying all of our creation.

Consequently, the protection that had been granted to Israel is from today totally withdrawn and I ask to all the real Jews to leave the Land of Palestine as quickly as possible.

We had provided this protection in the hope that the reason and respect inherent in Judaism, along with the construction of the Embassy, the third Temple of the old writings where we would have returned, would push this state full of promise to allow the Palestinian people to return to their houses and their land in a multi-racial and multi-cultural state as an example to all of Humanity and become a spiritual beacon for the three great monotheistic religions.

Instead, the stiff necked people who had only just escaped the nazi genocide and concentration camps, stiffened yet more, they treated our last Prophet and his request for the Embassy with contempt, they created concentration camps for the Palestinians whose homes and Lands they stole, they bombed the concentration camp which is Gaza and are even projecting a final solution with the goal of Palestinian genocide.

Therefore our protection is now ended and the real Jews are again condemned to a new diaspora, to live among the other Nations of Earth while refusing to carry arms for any nation and to benefit every nation with their genius and creativity.

The only true Jews are of course anti-zionist and we congratulate the religious Jews who refused zionism and who have already left israel.

Raelians are now the true Jews, the only ones who wish to physically construct the Embassy to welcome our return, and not on stolen land. We ask all Jews to leave israel as soon as possible, to convert to Raelianism, and to support the Palestinians, who are in fact mostly the descendants of real Jews who converted to Islam a very long time ago. To see false Jews coming from Europe massacring the descendants of Jews who lived in israel from the Biblical times, is a heart rendering crime.

Spread around the world to bring the magnificent values of Raelian-Judaism, a Judaism of peace and tolerance, an anti-racist Judaism, a globalist Judaism aiming to unite all the nations within a world government, an anti-militarist Judaism pushing for the immediate and unilateral elimination of weapons of mass destruction, a pro-science Judaism promoting genetics and space exploration and finally a Judaism working especially for the third Temple, our Embassy where we will officially return to reinforce an enduring peace between all people and where all the Great Prophets will return to testify with us to destroy all the myths that the divisive religions have created.

Jew, leave israel as soon as possible “without turning back” if you don’t wish to be “turned into a pillar of salt” as had happened at Sodom and Gomorrah, and support the predicted Messiah: Rael.

Peace on Earth and to all of good will!


Posted on Thu 06 Aug 2015 - 11:42:11










posted by フーモア at 14:49| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 弥勒菩薩ラエルから声明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

ラエルは世界革命が楽園主義をもたらすことを奨励





■ラエルは世界革命が楽園主義をもたらすことを奨励
■ラエルは世界革命が楽園主義をもたらすことを奨励
Rael Encourages World Revolution to Bring Paradism

ラエルサイエンス英語版11月2日配信分
http://www.prnewswire.com/news-releases/rael-encourages-world-revolution-to-bring-paradism-133015838.html

ラエリアンムーブメントの精神的指導者ラエルは、”ウォール街を占拠せよ”運動について尋ねられたとき、賛成の考えを表明しました。

しかし、彼は抗議運動は世界を変革するまでには至らないと語りました。

「世界の問題に対する唯一の解決策は、楽園主義です。」ラエルは今日公表された声明の中でこう述べています。

2009年にラエルは、楽園主義社会という着想を世の中に発表しました。楽園主義は労働階級が無い、銀行や貨幣が無い共産主義の一形態であると彼は説明します。

楽園主義の下では、この惑星をいまだ尊重しながら、全ての人々が科学、テクノロジー、そして豊かさの恩恵を分かち合います(http://www.paradism.org/index_ja.html を参照)。

「OWS(ウォール街を占拠せよ)運動の人々のように、今世界中で抗議している人々が、抗議するのは正しいことです。しかし、彼らは解決策を示していません。」とラエルは声明の中で述べました。「楽園主義が解決策です。そのため私は世界中の全てのラエリアンに、この解決策を通りで抗議している人々に届けるようお願いしたのです。」

ラエルは、成長によって推進される経済体制である資本主義の崩壊を、長い間預言していました。資本主義では、競争が賞賛され、利益を積み上げることが奨励されます。

ラエルは反対に、協力する事が人類の未来であり、皆が他の全ての人々の幸せのために働くのです、と説明しています。お金は権力と競争の産物なので、楽園社会ではお金はもはや存在しないでしょう、とラエルは言明しています。

「もし全ての人々が皆の幸せのために働いて、お互いを助け合ったら、お金を必要としません。」とラエルは声明の中で説明しました。

楽園主義はまた、資本主義の崩壊は貧困と管理化をもたらすと予測する人々への回答である、とラエリアンは言います。
 
「私たちが今持っている科学技術のレベルを考慮すれば、貧困に陥る理由は全くありません。」とラエルは述べています。「もし適切な資金が、金融競争ではなく、皆を幸福にする最新科学技術の貢献に費やされるなら、私たちは、私たちの仕事をしてくれる十分な数のロボットと皆のために生産された十分な食料を手にするでしょう。」

「世界革命の時は今です。」とラエルは結論を述べます。「それが人類を救う唯一の方法です。」



世界中の人達が楽園主義の事を理解して、特にその中でもデモを一生懸命している人達に知ってほしいです。

そして、この楽園主義が実現できるように特に科学者の人達がその実現方法について良く話し合ったほうがいいのじゃないでしょうか?

今の世界中の政府が果たしてこのやり方に賛成するかどうか?

もし、政府が市民の恒久の幸せよりも、政治家の利益、銀行家の利益の独占の方を選ぶのなら、私達は断固として平和的なデモ抗議運動を行っていき、政府が自然崩壊するまで頑張らなくてはいけないと思います。

ウォール街を選挙せよ!デモ抗議運動をしている人達に、座り込みデモをしている人達に、ヨーロッパで抗議運動をしている人達に言いたいです。

世界を変革するにはそれを可能にする政治形態が必要です。従来になかったような全く新しい政治形態です。それがこの楽園主義なのです。
またの名を天才政治!

こちらから無料で電子書籍がダウンロードできます。

弥勒菩薩ラエルが書かれた本を是非読んで見てください!

天才政治
http://ja.rael.org/download.php?list.11

宇宙人エロヒムが地球に再来するまで最短で後14年……………!

全ては私達の愛と意識と行動にかかっています!


http://www.rael.org/

posted by フーモア at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 弥勒菩薩ラエルから声明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

原発反対デモ、中国民主化運動

きょうは、渋谷の区役所前から、原発反対を訴えるデモがあるので、私も参加します!

今、13:10ですか、車で向かっています。

かなり沢山の人達が来てるんじゃないかな?

友達が、週刊現代を持ってたので、車の中で開いてみると、またまた、放射能汚染に関する特集ですね!

原発関連の予算があり、東電は莫大な利益をあげていて、例えば、東大の研究室に東電が研究費の為にお金を寄付する。すると、東大の教授などは東電に反対するような事を発言できなくなる。
政治家には、東電が献金をして来た。それにより、政治家が東電に反対できなくなる。
東電は、官僚も接待してるらしいですよ。

お昼ご飯、食べてなかったので、お腹が減っちゃったよ。

image-20110507134400.png

もう、新宿です

image-20110507134739.png
デモの管理ですね。おまわりさん、ご苦労さんです。放射能量を高くして子供を殺そうとしている民主党政権の担当者達を、殺人罪で逮捕して下さい!


雨が降って来たけど、たくさんの人達が来てました。

image-20110507152042.png


image-20110507152143.png


image-20110507153559.png
考えるような

政府と東電と政治家と官僚もみんなでグルになっているのを、私達がかえていかないといけないと思いますね!

posted by フーモア at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 弥勒菩薩ラエルから声明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

http://whoomoi.seesaa.net/
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。