2016年04月20日

日本列島全土で地震吹き荒れる〜。弥勒菩薩ラエルは楽園主義の到来を預言。




最近の地震活動(速報値)



スクリーンショット 2016-04-19 23.42.29.png

URL:http://www.data.jma.go.jp/svd/eew/data/hypo/

利用の留意事項


表示している震源には、発破等の地震以外のものや、震源決定時の計算誤差の大きなものが表示されることがあります。
個々の震源の位置ではなく、震源の分布具合に着目して地震活動の把握にご利用下さい。
なお、本ページに掲載している以前の期間に発生した地震については、震源リストをご利用ください。



補足説明


★は最新1時間に発生した地震、◆は情報発表した地震を示します。
本ページでは、震度1以上を観測した地震についてはすべて、内陸の浅い地震については概ねマグニチュード(M)1.5以上、 それ以外の地震についても概ねM4以上が表示されます。
震源決定には気象庁のほか、防災科学技術研究所、大学、及び海外関連機関等のデータを使用しています。
本webサイトに掲載されている一部の画像の作成にはGMT(the Generic Mapping tool [Wessel,P.and W.H.F.Smith, New, improved version of Generic Mapping Tools released, EOS Trans. Amer. Geophys. U., vol.79(47),pp579,1998])を使用しています。



ブロガーの感想だけど



日本全土で地震がバンバン起きている感じしますけど、そんな小さい日本のあちこちに原発があるというのはいかがなものなのでしょうか。
宇宙人エロヒムの最後の預言者ラエルは、地球は寒冷化に向かっているとお話されています。寒冷化になると、その直前から地震活動火山活動が非常に活発化するわけです。
日本は活断層の真上に位置していますから、地震や火山噴火が今後ますます頻繁に起きるようになる見込みなのですね。

それに、その上に、イルミナティーの奴らかがHARRPを使い人工地震を起こしてくるとあまりにも危険この上ない、いや、これは日本に対するテロ攻撃としか言いようがありません。

彼らは賢い奴らで、日本の活断層でどこが地震が起きやすいか、今後どこが地震が起きやすいかというのを絶えずチェックしており、そこに位置している原発を再稼働しろと日本政府に命令するわけです。

しかも、彼は地政学的条件を考慮し、どこに地震を起こせば日本に大打撃を与える事が出来るか計画を綿密にねるわけです。

福島で地震が起きたら、その後は、九州の南西の端にある原発を地震でドカンと言わせれば、それは風に流されて日本中を吹きまくるわけで、すると、日本市民全員が大被爆するわけです。

こんな事を考えるのは非人道的なイルミナティー、アメリカのユダヤ財閥しかいませんね。

そして、放射能の風は日本全土に吹きまくるだけでなく、南の島々にも大きな被害を与える可能性もあります。

これを食い止めるにはどうしたら良いのでしょうか。

日本政府がアメリカの言いなりになり、TPPを受け入れるしかないのか。

科学者たちは、はやく放射性物質を無害にする科学技術を開発しなければいけません。

そして、日本政府はアメリカの言いなりになるのはやめて・・・やめようとすると地震を起こされて原発がドカンといくとなると、どうしようもありません。

アメリカに服従しかないのか、いや、服従するのではなく、更にアメリカへの抵抗を激化させなくてはいけないでしょう。昔の日本ゼロ戦や人間魚雷でアメリカの潜水艦に突っ込んだ兵士たちのように。
彼らは西洋諸国からアジアが侵略されるのを防ぐために西洋諸国に対して戦争で立ち向かった唯一の国でした。

今は、戦争はやらないほうがよいですが、平和的な手段でアメリカに抵抗しなくてはいけません。

もしくは、アメリカの武力を無力化するような科学技術があればいいのですが。

と、ひとりごとを言いながら、今日はおねんねします。



posted by フーモア at 00:16| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 人工地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

http://whoomoi.seesaa.net/
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。