2015年02月27日

江戸川区の放射能。弥勒菩薩ラエルは全原発の廃炉を主張

今日は、仕事で船堀駅まで言った。
そこは、江戸川河川敷に近いところで、江戸川河川敷はホットスポットとして知られている。
高いところで、0.7μSv。

船堀駅がほっとスポットであることは、社長は恐らく知っていたに違いない。以前から、放射能の話を会社でするのは良くないと言われていた。それを気にする人もいると。

その意味は、江戸川区や葛飾区がホットスポットと言われる東葛地域の直ぐ南に位置している事から、心配している人達がいる、しいては、放射能の話を聴いて怖くなり、会社をやめられては困ると言うのが、社長の本音なのではないか。

会社と利益と社員の生活と自分の家族の生活とで、身動きが取れないところで、社長なりに苦しんでいるのだろうか。それとも、そんなことは関係なく、ただ会社の利益だけが優先なのだろうか。利益がからむと人の幸せを気にしくなくなるのが常。政府も会社も同じですね。

いろいろ調べたが、恐らく江戸川区は放射線量は空間で0.2〜0.4マイクロシーベルくらいはあるのではないかと想像している。すると、地面の中にはかなりの放射性物質が含まれているように予想する。
とりあえず、この地面のものはかなりこびりついていて風が吹いたくらいでは飛ばないだろう。土の上に座ったり舐めたりしない限り、体内被曝はしないと思う。それでも、会社の水道水とか観ると気味悪い。また、窓が空いていると落ち着かない。社長は、私には素知らぬ振りで無視をしているのだろうか。

空気中には放射性微粒子は漂っていなのかどうか、此のへん意見が別れるところだが、以前、放射能計測器で空気中の雨が降るときのレベルを測った人がいた。その人の話だと、蕨駅近くで雨が降っている時、レベルが0.06マイクロシーベルト/hrから0.09マイクロシーベルト/hrにまで上がったと言っていた。つまり、空から放射性微粒子が雨と一緒に0.03マイクロシーベルト分降ってきたと考えてもいい。すると、その微粒子が雨がやんで地面が乾くと、風で空気中に飛ばされるのではないかと思う。

と、まあ、それは置いといて

とりあえず、家に帰宅するとほっとする。

あー、早くエロヒムに来てほしい。そして、放射能を全部なくしてほしい。楽園主義に早くならないかな。待ち遠しくてたまらない。放射能を気にするだけでかなりストレスになるようだ。


posted by フーモア at 23:47| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 原子力発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414777063
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。