2014年01月19日

ウクライナのデモ運動の抗議者達が抑圧的な警察官に鏡を使う。弥勒菩薩ラエルは平和を主張




ウクライナのデモ抗議者達は、抑圧的な警察官達に鏡を使う手段に出ていきます。

Ukrainian Protesters Hold Up Mirrors to Police,
Forcing Them To "Reflect" On Their Oppression
ウクライナのデモ運動の参加者達は警察官の抑圧に
鏡に写る警察官の姿を見せつける





WS000003.JPG


デモに参加する人達が、皆が一斉に鏡をもち、彼等の前に立ちはだかる警察官達に向けています。

WS000006.JPG


この警察官たちは、黒い機動隊のような制服を着て、分厚いヘルメットをかぶり、まるで軍隊のように身構え、一般市民たちに恐怖感さえ感じさせてしまう。

恐怖を感じさせる制服と防護用装具を身にまとう警察官達の前で、抗議者達は鏡を持って横に並び、警察官達にその鏡を向け、そこに写る警察官自身の姿を警察官達に見せつけます。

その抗議者達が握りしめている鏡の中に写る自分の姿をみた警察官たちは、自分がしている愚かな行為を見せられて、躊躇しています。中にはその姿から目をそむける警察官もいます。それは、彼等警察官たちが市民に対してしている暴力行為を、客観的に外から見させて考えさせる機会を与えていることになります。

そして、鏡に写る自分の姿を見せつけられた彼等は、一体、何を思ったのでしょか?

その時に、もしかすると、彼等はこう思っていたのかも知れません・・・

─ 「一体、なんて事を私はここでしているのだろうか?!」

─ 「一体自分はどうして市民に向かって暴力的に圧力をかけ、彼等に恐怖心を与えているのだろうか?」

─ 「そして、そうすることで給料をもらっている自分は一体何者なのだろうか?」

WS000004.JPG


これほど、知性的な賢い抗議の仕方はないですよね?

これは、また非常に美しい詩のようにも見えます。

無防備の市民たちが、静かに鏡を手に持ち、暴力的・威圧的・抑圧的な警察官達に彼ら自身の姿を鏡に写してみせる・・・

市民は未だに警察官が市民を守るために税金を支払っていますが、警察官たちは市民の安全のために働くのではなく、権力者達の命令に従い、無防備な市民たちを暴力的に抑圧的に押さえつけ、市民たちに権力者に従わせようとしています。

一体、どちらが弱い人間でしょうか?

もちろん、権力者達の言いなりになり、弱者を痛めつける警察官達が弱い人間なのです。

このような市民の知性的な抗議の仕方は、権力者に従う者達に、彼等がしている愚かな姿を自覚させるに十分なものではないかと思います。

WS000007.JPG





遠く海を隔てた日本では・・・




京浜東北線の蕨駅近くで起きたデモ行進は、どうも、先に取り上げたウクライナのデモとは異質のもののように感じました。

いろんな記事を読んでみましたが、この蕨でのデモは、どうも極右翼系の政治団体によるデモ隊がデモを起こしていたようですね。
その訴えの内容というと、ネットで書き込みをしていた人の話が正しいのならば、蕨駅周辺並びに川口市に急増してきている外国人の人達に対して日本から出て行けと訴える内容のデモみたいです。

デモ隊の先頭を歩いていた人が旧ナチスの旗をマント代わりに身にまとい行進していたところなどから察するに、かなり偏見に満ちた差別的なもののようにも見受けられます。

日本の外国人の人口が確かにここ10年間くらいの間に激増してきているのは私も実感しているところですが、そこは日本政府の外国人の受け入れ体制の整備がきちんとできていない点に問題があるようにも思います。特に、単一民族できた日本人が他国からの全く違った文化の人達を難民として受け入れる場合、非常に問題が起きやすいということが言えます。

しかし、日本は世界の中で一番豊かな国だと思います。その国が、貧しい国や戦争で母国から逃げ出してきた人達を受け入れ、彼等に安定し幸せな生活を日本で送れるようにしてあげるのは、日本政府の責任であると思います。

そんなデモをするよりも、外国人の人達が日本に溶け込んでもっと幸せに住めるように日本語教育と国際交流的な教育をしたほうが良いのではないかと思うのですが。
特に、日本人の考え方や文化の違い、マナーなどについてもきちんと学校で学べるようにしてほしいです。

今の状況では、蕨に住んでいる外国人の人達は、昔から住んでいる日本人の人達の考え方や文化などが全くわからない状態で、ずっと生活しなくてはいけないです。それは、彼等にとっても非常に苦痛であり、寂しいものではないかと思います。





京浜東北線
蕨駅にて、本日、午後四時頃だったような

駅のプラットフォームから改札に上がってくると、そこには100人くらいの警察官達がずらずらずらっとあちこちに立っていた。

写真 2014-01-19 15 16 40.jpg


マスクをしている一般人のように見える人達は、恐らく、私服警察官達だと思う。

警察官の一人に、何があったのか聞いても一言も教えてくれなかった。

何も言わないのは何故なのだろう・・・

その頃、丁度、電車が止まっていて、電車の下のほうから音がしたので異常がないか点検しているというアナウンスが車内でされていたのを思い出した。

何故か、この様子が、海外のデモの警察官たちとダブって仕方がない。

そして、後でニュースを見てこう言う記事を見つけた。

【画像集】京浜東北線の運転見合せとネオナチ過激派の警備のため蕨駅が封鎖状態に
湘南新宿ラインでの異音の影響で併走する京浜東北線が運転見合わせとなったきょう午後、過激なデモ活動を終えたネオナチのグループが同線の蕨駅に訪れ、付近住民や「カウンター」と称した対抗グループとのトラブルを抑えるために機動隊員や警官ら数十名が駅を封鎖。団体らが乗車を終えても警察らは警備を継続している

更新日: 2014年01月19日


BeUlUTYCQAEzkTm.jpg large.jpg


封鎖された蕨駅の様子がこちら
京浜東北線では、併走する湘南新宿ラインが異音を感知して緊急停車した関係で午後3時ごろから運転を見合わせていた。ツイッターによると、その最中に、過激なデモを終えたネオナチ系のグループが蕨駅に到着。近隣住民や対抗グループとの混乱を避けるため、機動隊や鉄道警察の数十名らが駅を封鎖したようだ。いわゆる「集団下校」である


写真 2014-01-19 15 18 19.jpg

写真 2014-01-19 15 18 25.jpg

写真 2014-01-19 15 20 35.jpg


@warabi_bot 何か良くわからないのですがあるデモ隊がいわゆるヘイトスピーチをしながら街を歩き蕨駅に着いたところで警察の機動隊と言い合いをしていました。 電車も止まり護送車や警官は数え切れない程の量でしたよ(>_<)

http://matome.naver.jp/odai/2139011434701488801
BeVIdmHCAAAkRuJ.jpg large.jpg


この日蕨駅前ではネオナチデモがあり、地元住民や対抗グループと騒ぎとなっていた
http://matome.naver.jp/odai/2139011434701488801

この日、蕨駅前では極右系の政治団体によるデモ隊数十名が、ハーケンクロイツの旗を掲げて「ジークハイル」などと叫びながら外国人排斥をとなえる行進をしており、沿道にかけつけた対抗するグループや地元住民の少年らが「ナチスは帰れ!」と罵声を浴びせるなど、物々しい様子につつまれていたようだ



posted by フーモア at 23:18| 埼玉 ☔ | TrackBack(0) | 抗議デモ行進 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

http://whoomoi.seesaa.net/
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。