2012年01月05日

弥勒菩薩ラエルは人口過密が原発、エネルギー問題の原因と言う



また、地震が関東で起きましたね。

この地震が起きたとき、私は千葉県成田市の光臨堂と言う、宇宙人エロヒムの宇宙の無限のシンボルマークを祀るお寺の近所にいました。

有人達とのどかなひと時を手作りのお雑煮を食べながら楽しんでいると、そのときに、ゆさゆさと、そして、それがだんだんと大きく揺れて来ました。

もうだいぶん地震が収まって来ましたが、でも、まだ福島原発は落ち着いたとは言えないし、食品が放射能で汚染されてしまっている問題が今も深刻です。

弥勒菩薩ラエルが、この日本の福島原発の放射能の問題について話をしてくれましたが、これは、根本的には日本の人口が過密化していて、それがエネルギー問題を引き起こしているらしいです。

簡単にいえば、人口が地球の許容出来る30億人の二倍以上に現在なっており、資源を使いすぎていて、その為に、人間や自然に害がある原子力エネルギーまでも使用しているから、このような危険な事が起きているんですね。

もし、今、地球の人口が1000万人だったら、原子力発電所を建設する必要もなく、こんな事故も絶対に起きなかったということです。人口が増えた諸悪の根源は、子供を埋めと奨励し続けて来た政府なのです。

政府が知性が低すぎる政治家により運営されているのが、どうも諸悪の根源のようです。

これを解決する唯一の方法は、今の資本主義を完全に廃止して、弥勒菩薩ラエルが推奨される「楽園主義」を使った社会を建設するするべきです。


人類が出来るだけ早く幸せな社会に入れる様に・・・


宇宙人エロヒムを迎えるために、人類の社会を平和な楽園主義の社会にしましょう’。


http://www.rael.org/
posted by フーモア at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 原子力発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

http://whoomoi.seesaa.net/
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。