2011年11月18日

老化が止まる、永遠の命?宇宙人エロヒムは永遠に生きる?弥勒菩薩ラエルによると…

老化が止まる、永遠の命?宇宙人エロヒムは永遠に生きる?弥勒菩薩ラエルによると…


■Signs of Ageing Halted in the Lab
研究室で老化が止まる兆し見つかる


The onset of wrinkles, muscle wasting and cataracts has been delayed and even eliminated in mice, say researchers in the US.
しわや筋肉の衰え、そして、白内障の発生するのが遅れ、ハツカネズミにおいてそれらの症状が全て完全になくなったとさえ米国の研究家達は言いました。

It was done by "flushing out" retired cells that had stopped dividing. They accumulate naturally with age. 
その試みは、細胞分裂を停止した老化細胞を「一掃する」事で行われました。老化細胞は年齢とともに自然に蓄積されて行きます。

The scientists believe their findings could eventually "really have an impact" in the care of the elderly. Experts said the results were "fascinating", but should be taken with a bit of caution.
科学者達は、この発見が最終的には お年寄りの人達の介護に「大きな影響を与え得る」と信じていますが、少しばかり注意を要するべきだとする意見もあります。

The study, published in Nature, focused on what are known as "senescent cells". They stop dividing into new cells and have an important role in preventing tumours from progressing. These cells are cleared out by the immune system, but their numbers build up with time. The researchers estimated that around 10% of cells are senescent in very old people.
ネイチャーという科学雑誌に掲載された研究は「老化細胞」として知られているものに焦点を当てました。この老化細胞は細胞分裂を停止し、その細胞の役割はガン細胞が進行するのを防ぐ働きがあります。これらの老化細胞は自己免疫系が一掃しますが、時間が経過するとともにそれは蓄積していきます。研究者達は、年をとった人達の体内の全細胞の約10%ぐらいが老化細胞だと推測しています。

●Cleanup
浄化


Scientists at the Mayo Clinic, in the US, devised a way to kill all senescent cells in genetically engineered mice. The animals would age far more quickly than normal, and when they were given a drug, the senescent cells would die.
米国のマヨ・クリニックの科学者達は、遺伝子操作されたハツカネズミの体内の全ての老化細胞を殺してしまう方法(薬)を考案しました。ネズミは通常よりも遙かに速い速度で年をとるように遺伝子操作されており、その薬を投与されると老化細胞が死んでしまいます。

The researchers looked at three symptoms of old age: formation of cataracts in the eye; the wasting away of muscle tissue; and the loss of fat deposits under the skin, which keep it smooth.
研究者達はまず高齢の三つの症状を観察しました。(老化が通常より速い速度で進むので老化の症状を観察しやすい。)一つは、両目の中の白内障の形成、筋肉の衰え、ネズミをなめらかにしてくれている皮膚下の脂肪の減少が始まります。

Researchers said the onset of these symptoms was "dramatically delayed" when the animals were treated with the drug. When it was given after the mice had been allowed to age, there was an improvement in muscle function.
これらの症状の発現するスピードは、その薬を投与されると「劇的に遅くなった」と研究者達は説明しました。ネズミが年をとってからその薬を投与されると、筋肉の機能が改善されました。

One of the researchers, Dr James Kirkland, said: "I've never seen anything quite like it." His colleague Dr Jan van Deursen told the BBC: "We were very surprised by the very profound effect. I really think this is very significant."
研究者達の一人、ジェイムズ・カークランドは、「こんな事は今まで一度も見たことがありません。」と言いました。彼の同僚のジャン・ヴァン・ドゥーセンはBBCに「私たちは非常に広範囲な結果にとても驚いています。本当にこれは大きな影響を与えるものだ。」と言いました。

The treatment had no effect on lifespan, but that may be due to the type of genetically engineered mouse used.
この治療は寿命には何も影響を与えませんでしたが、それは遺伝子操作されたハツカネズミの特質が原因だったかもしれません。


●Eternal youth?
永遠の若さ?


The study raises the tantalising prospect of slowing the signs of ageing in humans. However, senescent cells cannot be just flushed out of human beings.
この研究は、私たちの欲望をかきたててしまう人間の老化を遅くする可能性を提示してくれます。しかし、老化細胞は人間の体内から単純に一掃できるとはいえません。

Dr Deursen said: "I'm very optimistic that this could really have an impact. Nobody wants to live longer if the quality of life is poor." He argued that young people were already clearing out their senescent cells. "If you can prime the immune system, boost it a little bit, to make sure senescent cells are removed, that might be all it needs. Or develop a drug that targets senescent cells because of the unique proteins the cells make."
ドゥーセン博士は、「私はこの技術が本当に(人間に)影響すると言うことについてとても楽観的ですね。人生の質が悪かったら、誰も長生きしたいとは思わないでしょう。」と言いました。そして、彼は、「若い人たちは既に自分の老化細胞をきれいにお掃除していました。もし貴方が、自分の体内の老化細胞を一掃できたことを確実にするために、自分の自己免疫系の働きをよくし、ほんの少しそれを高める事ができれば、それだけで十分かもしれません。もしくは、その老化細胞が作り出す特有なプロテインのため、老化細胞だけを標的にできるような薬を開発するのです。」と言いました。

Dr Jesus Gil, from the Medical Research Council's clinical science centre, said the findings needed to be "taken with a bit of caution. It is a preliminary study".
医学研究審議会のクリニカル・サイエンス・センターから来ているジーザス・ジル博士は、「この発見は少し注意が必要です。予備的な研究なので。」と言いました。

However, he said it was a fascinating study which "suggests if you get rid of senescent cells you can improve phenotypes [physical traits] associated with ageing and improve quality of life in aged humans".
しかし、博士は、「もし貴方が老化細胞を取り除くことができたら、老化により起きる身体的特徴を改善して、年をとった人の生活の質を改善できること示す」魅力的な研究でした」とも言いました。

情報元: BBC News UK



私たちの科学は進歩し続け、直に寿命が10倍になり、老化しなくなるのではないでしょうか?

聖書を開けば、昔の天使などは寿命が1000歳くらいもあったとかかれています。

また、聖書には、「そらから天使が一人降りてきました」と言う記述もあります。

それは、実は宇宙人エロヒムの事だと、「宇宙人エロヒムからのメッセージ」と言う弥勒菩薩ラエルが書いた本には書いてあります。

私たちの体も、科学的に手を少し加えるだけで寿命が1000歳にまで延び、老化の速度も遅くなると思いますよ。

宇宙エロヒムのメッセンジャーである弥勒菩薩ラエルは、エロヒムは地球に早くて2025年頃に再来すると言われています。そして、科学が最高のレベルに到達するのは私たちの科学者の予測では、2030年頃と言われています。(科学的特異点)この二つの時期が重なるのは偶然ではないかもしれません。


人類の未来は、私たちの愛と意識と行動にかかっています。


宇宙エロヒムが地球に再来するまで、早くてあと14年…………


http://www.rael.org
posted by フーモア at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 永遠の命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/235863523
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

http://whoomoi.seesaa.net/
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。