2011年09月11日

ブラックホールの生命体は何?弥勒菩薩ラエルに聞いてみよう

記事引用元:http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00207087.html

国立天文台とJAXA研究チーム、世界で初めてブラックホールの位置特定に成功

国立天文台とJAXA(宇宙航空研究開発機構)の研究チームが、世界で初めてブラックホールの位置を特定することに成功した。
今回、位置の特定に成功したのは、おとめ座銀河団の中心にある巨大ブラックホール。
ブラックホールは、強い引力により光も吸収し、文字通り「黒い穴」に見えるため、今までは、星をのみ込む時に噴射するガスの光で位置を推定していた。
今回は、同時に異なる周波数の電波でガスの光を観測し、その根元にあるブラックホールの位置を特定したという。
しかし、ブラックホールそのものの姿を撮影するには、さらに高度な観測装置が必要とのことで、研究チームは、今後10年を目標に挑戦したいとしている。
(09/08 06:28)


ブラックホールは、それ自体の重力が大きすぎて光や惑星をも吸収してしまいます。地球上の全生命を創造した宇宙人エロヒムのメッセージによると、宇宙は時間と空間において無限であり、空間の無限大の宇宙を見ていくと、私達は巨大な生命体の体の中にいる事がわかっています。

image-20110911120612.png

image-20110911120623.png

(※ 上の二つの画像は、この記事とは関係ありません。)



そこで疑問なんですが、このブラックホールは一体何に相当するんでしょうかね?

例えば、宇宙の構造自体は、人間の脳の中の神経細胞の繋がりとよく似ているということが科学雑誌に掲載されています。無限大の宇宙の構造と無限小の宇宙の構造に類似性があると言うのは何となく、その様な気がするんです。すると、このブラックホールは一体何?

ブラックホールは、実はそれ自体が非常に質量の大きい惑星なんでしょうか?その質量が余りにも大きすぎるので、光をも吸収してしまい、真っ暗でその惑星の形が確認出来ないのでしょうか?

こんな事を考えるのは私だけでしょうか?

そして、巨大な質量を持つブラックホールは銀河系の中心に存在するらしい。
↓↓↓


以下、上の記事の引用です
 超大質量ブラックホールは通常、銀河の中央に存在が確認される。今回発見されたブラックホールの大きさは、地球が属する天の川(Milky Way)銀河の中心にあるものとほぼ等しいという。超大質量ブラックホールの中には、太陽の10億倍を超える質量が観測されているものもある。(c)AFP



今度、ラエリアン・ムーブメント主催のアジアセミナーに行ったら、弥勒菩薩ラエルに是非聞きたい事の一つですね。


http://www.rael.org/

エロヒムのメッセージを詳しく知りたい人は、以下のリンクから無料で電子書籍をダウンロード出来る画面へ進む事ができます。
以下の画面で、E-Books(電子書籍)、または、Multimedia(マルチメディア)から、電子書籍を選択してください。
↓↓↓
http://ja.rael.org/download.php

本の選択ができる画面です
http://ja.rael.org/download.php?list.11

宇宙人からのメッセージ
http://ja.rael.org/download.php?view.32

posted by フーモア at 11:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/225434221
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

幸せなボン
Excerpt: このサイト見たんですが、ここですよね? http://ja.rael.org/home
Weblog: ラエリアンムーブメントのホームページ
Tracked: 2011-09-12 04:27

http://whoomoi.seesaa.net/
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。