2011年07月18日

東京の近郊でセシウムの放射能52,547ベクレル



福島原発から

135マイル(1マイル=1.6 km: 216km)


以上離れた東京の郊外から採取された土のサンプルからセシウムの放射能が

52,547 Bq/Kg


測定されました。

この場所は、日本の東京の近郊にある柏市と言う所で、福島からは135マイル以上離れていますが、実は、日本の読者がその柏市から採取した土の放射能測定検査を民間の研究所に依頼して得た放射性物質の測定結果のコピーを私に送ってくれたのです。

Google-Maps-Kashiwa-Japan-To-Tokyo-Japan.jpg

52547-Bq-per-Kg-Cesium-Radiation-Found-In-Soil-On-Outskirts-of-Tokyo.jpg

その結果をみると、一キロ当たり、52,547ベクレルのセシウムの放射能がその土のサンプルから検出されています。
具体的には、セシウム134が

23,663 Bq/Kg


、そして、セシウム137が

28,884 Bq/Kg


測定されました。

以下がその研究所からの測定結果のコピー
Kashiwa-Japan-Nuclear-Radiation-Soil-Sample-551x1024.jpg

●読者からのメールの引用……
私は福島から220km離れた柏市にすんでいます。私が柏市の土の放射能物質の測定を専門的にみてもらったのは、セシウム134、137、そして、ヨウ素131だけです。これ以外の危険な放射性物質、例えば、プルトニウム、ストロンチウム、テルリウム、カリウムなど、これらは全て福島原発の爆発で放出された物質なのですが、これらの物質の検査をしてくれるところは、日本の研究所ではどこもありませんでした。この結果には、ぞっとさせられます。更に、恐ろしく感じるのは、その土のサンプルが普段子供たちがよく歩く、また、放射性物質が堆積していく場所とは違う道路の脇の所からとられたものだということです。検査をしてくれた研究所の名前は、Jon-in-Japanと言います。



■この検査結果を全体の流れの中で解釈

チェルノブイリの原発事故が起きたときの、ある地域を永久デッドゾーン(死の区域、人や動物が永久に一切住めない場所)に指定する場合と、強制避難区域に指定する場合との閾値は、

500,000 Bq/kg


になります。

この値は土から採取された値としては、かけ離れた最高の値ではありますが、それでもなお、この土のサンプルが採取された場所の放射能の値が、チェルノブイリの「死のゾーン」の閾値の

約1/10


になるのです。


米国カリフォルニア州のバークレー大学で働く原子力科学者達によると……
バークレー大学の原子力の科学者達は、独自の放射能のテストを米国内で行っていますが、その彼等も、また、放射性物質は広範囲の観葉植物にその周辺の地面よりも5〜6倍の濃度で堆積していく事を指摘していました。と言うことは、これはこの土のサンプルがあった場所の草やそのほかの植物などには、放射能汚染が最高、

250,000 Bq/Kg


まである可能性があります。
そして、この値は、チェルノブイリの「死のゾーン」の判定閾値の約半分以上にまで近づいてきています。

この土のサンプルの測定値は、国際的放射能廃棄物の制限値、

2000 Bq/Kg


の約26倍になります。



日本政府は暫定的基準値を設定

もちろん、日本は、福島の緊急事態に対処するための閾値を完全に無視し、

8,000 Bq/Kg


と言う暫定的な制限値
を設定しました。このような高い値の元では、放射能廃棄物を適切に廃棄処分するのに通常必要とされる事前注意を全く行わずに放射能汚染物質を埋める事も有り得ます。そして、この土のサンプルはその暫定的制限値の約7倍もあります。

日本政府が発表している公的な放射性降下物の測定結果と比較すると、このページの地図からわかるとおり、この測定結果は、福島原発の北西の範囲の中で一番高い値を示しています。

原発事故後の風の動きは、ほとんどの場合、福島から北西に向かうもの、北に向かう風、そして、太平洋に向かって北東にふく風でした。この風向きのおかげで、東京周辺は、まだ安全な場所としてみられていました。しかし、この東京の近郊から採取された土のサンプルの測定結果の高さは、今の状況が遥かに恐ろしい事態になってしまっている事を表しています。何故なら、その放射能レベルが永久的「死のゾーン」のレベルに近づいてきているからです。


また、この東京近郊の汚染レベルは、日本政府から公的に公開されてきたこの地域の放射能テストと矛盾しています。政府のテストはこれまでのところ、下水口を除いては何も「心配すべきレベル」はありません。

民間による検査の方が、政府が公認したり、発表するものよりも、遥かに高い放射能レベルを示していることは、強調しておくべき点です。このページに掲載されているYouTubeのビデオをみると、高い汚染レベルが、東京では地面から近い所で計測されているのがわかります。政府は地面から十分に離れた位置で検査を行っていて、そのため、放射能レベルは安全なレベルだと断言していますが、しかし、そこに住んでいる人達は、実は、地面のレベルではかなりのレベルの放射能を浴びています。

また、このサンプルの検査の結果が政府の報告している数値と矛盾しているのは驚くべきことではありません。と言うのは、日本の公務員は学校の生徒に、プールにたまった土は放射能からは安全だと主張して、強制的に学校のプールの土の掃除を生徒たちにさせていたのです。しかし、公務員たちは、プールのある場所はチェルノブイリの強制退去の閾値を大幅に上回る測定結果により、ホットスポットとして認定されたところであったことを十分に把握していたのです。

追記:研究室の検査結果はスライドショーに添付してあります。また、こちらからも研究所の測定結果のフルサイズの画像を見る事が出来ます。

東京郊外の放射能の研究所での測定結果・・・ショッキングです。
Tokyo Metro Radiation Lab Results Shocking! - 13-07-2011

posted by フーモア at 21:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 原子力発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

東京の近郊でセシウムの放射能52,547ベクレル
Excerpt: 福島原発から135マイル(1マイル=1.6km:216km)以上離れた東京の郊外から採取された土のサンプルからセシウムの放射能が52,547Bq/Kg測定されました。この場所は、日本の東京の近郊にある..
Weblog: 世界中の人たちへ愛を〜
Tracked: 2011-07-19 08:07

http://whoomoi.seesaa.net/
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。