2011年06月08日

多発性硬化症にビタミンD3が効く

私の友人がお医者さんをしていて、彼が常日頃ビタミンD3がとても健康に重要だと言うので、アメリカからビタミンD3の1錠5000IU単位のものを買った。

それを1日に、20,000IUの量を飲んでみると、凄く快調なんですよ。もう、お天気の日のおひさまの下で日向ぼっこを1日中しているときのように体がぽかぽかして、頭がさえています。

夜の10時になつてもそんな感じ。こんなに体が快調になるのなら、僕の親戚で病気で困っている人にも駆ってあげたいと思い、また、友人に「多発性硬化症」の人がいるけど、その人にはどうだろうと聞いたのです。

すると、多発性硬化症はビタミンD3の欠乏がその病気にかかる確率を高くするということがネットで出ていたのです。

そこで、私の親戚のおばちゃんのために、ビタミンD3を買ってあげることにしました。

http://kurie.at.webry.info/201102/article_15.html

ビタミンDが多発性硬化症関連遺伝子の制御を補助する

僕も同じものを飲んでいますが、5000IUのものです。この国際単位は、いろんな値があります。5000IUだと、一日に二万くらい飲んで、調子がいい時は、15000IUくらいに減らすとか、調節がしやすいので、いいと思います。

あと、これを飲むときには、カルシウムとマグネシウムの比率を正しくして飲むこと。

そして、亜鉛も飲むこと。

あとは・・・

ビタミンD3は、晩御飯で油などの料理で吸収しやすくして飲むとよいですが、油料理などを取らない人は、多めに飲むのがいいです

例えば、私の友人でお医者さんは、一日に15000IU飲んでいます。

デモ、私は、20000IU飲んでます。それは、いつもコンピュータの仕事で室内にいるし、油分もとらないからです。

それで、凄く会長です。

もし、病気の人だったら、まず、20000IUくらい飲んで、それでも体調が良くならない人は、もう5000IU追加して、25000IU飲んでみるとかしたらいいと思います。

個人差があるので、自分にあう量を見つけることが大切です。

幸せは、太陽の光と,ビタミンD3ですよ!
posted by フーモア at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/208178042
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

http://whoomoi.seesaa.net/
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。